静岡 県議 マスク。 マスク大量出品の静岡県議が会見 888万円売り上げ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

諸田洋之県議、「マスク大量出品」までの経歴 ユーチューバー張り活動も: J

マスク 静岡 県議

法的には何らの問題もないと思います。

20
マスク大量出品に対するネットの声 このニュースについては、厳しい意見が多いですね。

マスクオークションの県議はどこまで悪人か:コロナ騒動と相互信頼関係(碓井真史)

マスク 静岡 県議

今回の件で言えば、損得勘定抜きでマスクを売り、知名度を上げるべきでした」 いずれにしろ、次の選挙で諸田氏が当選する見込みはないと考えるのが自然だろう。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 「損して得とれ」とは真逆の行為であり、まさに自業自得だろう。

15
大量のマスクだけが在庫として残ったようです。 (きっとさらにまた転売されるのでしょう、、、) この件に対し、諸田議員は 「マスクは、数年前にMERSの世界的流行があった際に経営する貿易会社で中国から仕入れた在庫品で、転売にはあたらず問題は無い」と説明する一方、「誤解を招きたくない」として、6日すべての出品を取り下げたということです。

諸田県議に進退論も マスク大量出品で静岡県議会 新型コロナ|静岡新聞アットエス

マスク 静岡 県議

「適切な不安は必要です。 社員3人だけでは対応できなかったことから、 「1円で出品して市場で価格を決めてもらおう」 などとネットオークションに出品。

第一報だけを聞いて、拙速な判断は慎むものだと、私は思っています。 批判精神は大切ですが、疑心暗鬼は混乱のもとです。

静岡県議 ネットにマスク大量出品 「転売ではない」

マスク 静岡 県議

静岡県議諸田洋之の妻、久乃さんについて 静岡県の諸田洋之県議の妻は 諸田久乃さん、諸田洋之氏が代表者を務める楽天市場のネットショップの店舗運営責任者をしています。 3月7日以降、地元紙・静岡新聞を皮切りに、現職県議の「マスク大量出品」はNHKなど大手メディアも相次ぎ報じ、多くの人々の顰蹙(ひんしゅく)を買う騒動となっている。 諸田氏は2月4日から3月6日までの間に医療用マスク2000枚セットなどを89回にわたって出品し、合計888万円を売り上げた。

14
医療用マスク2千枚セットなどを40回以上にわたって出品、単純計算でマスクを 8万枚も売っていたことになります。

諸田洋之県議、「マスク大量出品」までの経歴 ユーチューバー張り活動も: J

マスク 静岡 県議

1回当たり数万~十数万円で落札されていました。 法政大学大学院でMBAを取得したという。 マスクは、自身が社長を務める貿易商社で備蓄していたもので、「在庫品の出品で転売には当たらないと考える」と主張。

6
もしかしたら、一箱2,000枚のマスクを買った人が、それを小分けし高額転売する可能性も否定できません。 ずっと保管していたのですかね。

マスク大量出品の静岡県議が会見 888万円売り上げ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

マスク 静岡 県議

県議会議員という立場でありながらネットオークションにマスクを大量出品していた静岡の恥はこんな顔 — YUTAKA yutaka0723 名前 諸田洋之 もろた ひろゆき 生年月日 昭和41年9月5日 年齢 53歳 記事執筆時 出身地 静岡県焼津市 最終学歴 法政大学大学院 MBA 血液型 O型 公式プロフィールを見てみると、地域活動にも積極的に参加されていた方のようですね。

17
本来は会社のアカウントで出品すべきでしたが、担当の妻が他の発送業務で忙殺されており、議員個人のアカウントで出品され、今回の騒動につながりました。

マスク大量出品の静岡県議が会見 888万円売り上げ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

マスク 静岡 県議

<> 今日午前中の情報ワイドショーなどのコメンテーターの言葉でも、「とんでもない!」「ひらきなおり」という、ほとんど非難一色だったようです。 これに加え、「第二の給料」とも呼ばれる政務活動費が年間平均440万円も支給される。

20
本人の説明によると、出品したマスクは、自身が経営する貿易会社で過去に中国から輸入し、在庫として保管していたものの一部。

マスク大量出品の静岡県議が会見 888万円売り上げ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

マスク 静岡 県議

あくまで会社の在庫を自身の個人アカウントで 販売しただけ、転売ではない!という言い訳に 終始した記者会見。 落札額についても 「出品時は1円からスタートしている。 県議がネットにマスク大量出品 「転売品でなく問題ない」と主張|静岡新聞アットエス — tomcatsmoker tomcatsmoker 諸田洋之県議は、 事実を認めたうえで転売ではないので問題ないことを主張しました。

14
という事で、話を聞くだけでも 悪質な高額販売ですよね。 転売はだめだけどオークションは良いとなったら、転売ヤーはオークションに流れるだけで買い占めは止まらず、今と何も変わらず必要な人にマスクは手に入らないままになると思われますので何の解決にもならないのではないでしょうか。

静岡県議の諸田洋之はなぜ辞任しない?マスク高額転売の責任を取って辞職すべきの声

マスク 静岡 県議

楽天市場では、「満点インク」「彩色堂」という名前で 出品していました。 その中で、ずいぶん前に仕入れた物なので、箱が痛んでいるなど通常の価格では販売できない商品もあったそうです。

7
もしもこの県議が、大量のマスクをどこかに寄付して、それが報道されていたら、ヒーローになっていたでしょう。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。