Ja 畜産。 事業紹介 畜産生産事業

「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン|提供番組&プレゼントの情報を見る|JAグループ

畜産 ja

JA山口県とは• 養豚では、生産性の向上や豚肉の付加価値を高めるため、ハイコープ種豚の育種改良をすすめています。

事業紹介 畜産生産事業

畜産 ja

このような、牛の経歴情報のことをトレーサビリティと言い、消費者のみなさんが買われた牛肉の生産流通履歴情報(牛肉のトレーサビリティ)をインターネットを通じて調べることができます。 私たちは、平成10年2月20日、鳥取県農業協同組合連合会と全国農業協同組合連合会 全農 の合併により、主として採卵養鶏事業を継承したJA全農グループの畜産生産会社として誕生しました。 また、4月10日の応募締め切り後、当選者の方への賞品発送を行っていましたが、5月13日をもって全ての発送が完了しましたので、併せてご報告いたします。

4
具体的には、生産者の牛舎の設置を支援したり、ICTを活用して牛の出産を管理する機器を普及したりするなど、生産者の労力軽減、経営の維持・拡大につながる取り組みをすすめています。 全農では、海外の穀物産地や国内原料メーカーから飼料原料を調達し、グループ会社の飼料工場で製造した配合飼料を、経済連・JAを通じて生産者(畜産農家)に供給しています。

株式会社 西日本ジェイエイ畜産

畜産 ja

畜産物を消費者のみなさまに安定してお届けするため、生産者の戸数や家畜の頭数など「生産基盤」をいかに維持するかも、全農の重要な役割です。 養鶏では、育種改良のすすんだ鶏の能力を最大化する養鶏飼料の開発をしています。

5
『山口県産牛肉』は、1頭1頭について出生や経歴を検索できる、トレーサビリティシステムで情報が公開されている、安心・安全な牛肉です。

国内グループ会社 畜産

畜産 ja

キャンペーン• 購買者の皆様へ 山口県中央家畜市場情報 山口県の農業• その後、平成19年1月1日、旧東伯町農業協同組合の牛肥育事業と肉豚生産事業を継承し、従来からの採卵養鶏事業とあわせて、生産規模を拡大した養牛肥育事業、養豚生産事業の三つの生産体制を整備し、あらたな一歩を踏み出しました。 また、革新的な商品・技術の開発と普及によって、生産者の生産性向上・労務軽減のための各種支援にも取り組んでいます。 全農の畜産事業に関するグループ会社の一覧をご覧いただけます。

14
具体的には、和牛の頭数を増やすため、子牛を育てるための簡易牛舎・施設の賃貸事業や、生まれた子牛を生産者から預かり育成する拠点(キャトルステーション)の設置をはじめ、ET技術を活用した子牛の増産支援および分娩事故を低減する「モバイル牛温恵」や分娩間隔を短縮する「ファームノートカラー」などICT機器の普及促進に取り組んでいます。

株式会社 西日本ジェイエイ畜産

畜産 ja

寄せられたメッセージの一部は以下に掲示していますので、ぜひご覧ください。 キャンペーンを通じて、温かいメッセージをいただいた皆様に厚く感謝申し上げます。 JAグループはこれからも生産者とともに、安全・安心で高品質な国産農畜産物の安定供給に全力を挙げてまいりますので、今後ともわが国の農畜産業を応援いただければ幸いです。

16
平成10年 2月 全農畜産施設サービス株式会社(現全農畜産サービス株式会社)の出資により、鳥取県鳥取市賀露町に株式会社西日本ジェイエイ畜産を設立 資本金6,000万円 平成10年 4月 鳥取協同畜産株式会社から営業を譲り受ける。

JACCネット 全農畜産生産部情報

畜産 ja

原料調達から生産者への供給まで一貫した事業展開で、肉や牛乳、卵などの畜産物の生産を支えています。 。

14
。 。

「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン|提供番組&プレゼントの情報を見る|JAグループ

畜産 ja

。 。 。

。 。

株式会社 西日本ジェイエイ畜産

畜産 ja

。 。

14