越谷 世界 に。 越谷 世界にひとつだけの花⑰

「なんにもない街」から「なんでもある街へ」越谷市のローカルメディアを運営して広がった世界とは?

に 越谷 世界

そんな時に転機になったのが、母のガンの発覚でした。 越谷市って34万人くらいの人が住んでいるんですけど、自分の住んでいるところ・暮らしているところに興味を持ってもらいたいなと思っているんです。 越谷市内で現在、伝統工芸品の職人や店舗経営者、一般市民らがそれぞれの手仕事・特技・趣味を生かした約100講座を開く「越谷技博(わざはく)」が行われている。

15
あと、 「越谷に住みたくなった」っていう、うれしいコメントをSNS上でいただけたりとか。 越谷って、江戸時代には日光街道3番目の宿場町として、結構栄えていたそうなんですよ。

「なんにもない街」から「なんでもある街へ」越谷市のローカルメディアを運営して広がった世界とは?

に 越谷 世界

講座により参加人数にバラつきはあるが、市内だけでなく、近隣市町、都内や遠方からも申し込みを頂いている。 青野:どうしても本業だといろんな制約があって、試せないことってあるじゃないですか。

13
改めて越谷らしい、越谷の魅力が詰まった催し。 11月7日に始まり、金曜・土曜・日曜を中心に越谷市内の会場や店舗など約50会場で、さまざまな講座を開いている同イベント。

越谷ユネスコ協会について

に 越谷 世界

同じ地元なら、親睦も深めやすいですしね。 主催はまちづくり越谷(越谷市越ヶ谷3)、越谷市観光協会。 KOSHIGAYAZINEの活動をはじめたことで、僕にとっての越谷は、 「なんにもない街から、なんでもある街」に変わっていきましたね。

6
灯台下暗しですよね。

越谷家庭教会|世界平和統一家庭連合

に 越谷 世界

取材で出会った人や記事を見てくれた人のご縁で、どんどんKOSHIGAYAZINEの活動の幅が広がってますね。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。

19
「あなたのNo. その「虹だんご」を救った常連の3兄弟のストーリーを記事にしたいって提案したら、すぐにOKもらえて、記事として公開させてもらいました。 複業の醍醐味って、やりたいことに挑戦できることだと思います。

世界に認められた先進性|【公式】ガーデンハウス越谷レイクタウン【住友不動産のマンション】

に 越谷 世界

本当にありがたいです。 講座を開くのは、市内の伝統工芸職人やアマチュアの一般参加者など全80人以上に上り、1914(大正3)年から続く煎餅店3代目による「せんべい焼き体験」、木工所の「金箔(きんぱく)おき体験」、津軽三味線奏者による「津軽三味線講座」、「越谷の宿場街を歩き人情を味わう講座」など多岐にわたる。 地元に特化しているからこそ、良い関係性が築けていると思いますし、取材を通して、取材した人と親睦を深めることにもつながっているので、とても良い循環ができていると感じています。

17
ユーザー・サイト調査、Webプロモーションなどをこれまでに担当。 。

越谷ユネスコ協会

に 越谷 世界

1988年4月25日生まれの熊本出身の日本人。 立ち上げを決めてからは、具体的にどんなアクションを起こしたのですか? 青野:最初の頃は、越谷の観光スポットやカフェを紹介する記事をつくるところからはじめたのですが、いくつか記事をつくっていくうちにインタビューもやってみたいと思うようになりました。

8
求人掲示板に書き込みして下さい。 メディアがあるところにマーケットが生まれると思っていて、KOSHIGAYAZINEで、職人・食・レイクタウン・歴史といったコンテンツを発信し続けていくことで、越谷に新しいマーケットが生まれたらいいな思います。

越谷家庭教会|世界平和統一家庭連合

に 越谷 世界

まさに灯台下暗しでした。

9
また最近はメディアだけでなく、KOSHIGAYAZINEの活動をきっかけにつながった人たちとオフラインイベントやプロダクト開発にもチャレンジしていて、立体的に活動を行なっています。 2ではパラレルワークに興味がある方のために、パラレルワーク実践者のご紹介を通して、活[…] 名前:ジョン・マッツー 松下誠治 フリーランスのWEBマーケター兼、ディレクターです。