オスピス ド ボーヌ。 ボーヌ ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

オスピス・ド・ボーヌ 商品一覧

ド ボーヌ オスピス

その意味では飲む側のおおらかさが試されるワイン、といえるかもしれません。 それもそのはず、ブルゴーニュワインのビジネスの中心地といえるボーヌの街を中心に「栄光の三日間」と呼ばれるイベントが続けて開催されるのです。 ワインが大好きな男性 ブルゴーニュワインの聖地、ボーヌで行われるワインの競売会を一度見てみたい・・・ついでにオスピス・ド・ボーヌも見学したい! でも、いきなり行って大丈夫かな?せっかくフランスまで行って門前払いだったら困るし・・・。

3
ブルゴーニュで1851年から始まった、世界最古のワインのチャリティーオークション、それがオスピス・ド・ボーヌ ワイン・オークションです。 車、自転車、UBER? ボーヌで車をレンタルできれば便利ですが、オスピス・ド・ボーヌをメインでドメーヌ巡りは1~2日のみでしたら、UBERや自転車を借りることでカバーすることは可能です。

オスピス・ド・ボーヌ[オテル・デュー]

ド ボーヌ オスピス

2020年オークションは 12月13日に延期 されたため、再度 12月12日 まで落札受付をいたします。

10
残念ながら、この日にボーヌを訪れたことはありませんが、世界中のワイン関係者や入札に参加するバイヤーなどでにぎわうそうです。 ベッドは一つ一つに区切られ、同じように紅いカーテンが掛かっています。

オスピスドボーヌ ボーヌ 1級 Beaune 1er Cru 2020 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ド ボーヌ オスピス

入札上限価格より 高い場合は購入を断念し、ご連絡の上、代金は 請求キャンセル致します。

4
このオークションの前日には「クロ・ド・ヴージョ」で「ブルゴーニュ利き酒騎士団」の叙任式があり、2日目はボーヌのオスピス・ド・ボーヌでのワインオー クション、3日目はムルソー村でのシャトー・ド・ムルソーでラ・ポーレといわれる昼食会が開かれ、この一大イベントを「栄光の3日間」と呼んでいます。 オテル・デューの薬局。

オスピスドボーヌとは?慈善病院とワインの関係

ド ボーヌ オスピス

そこにはオスピス・ド・ボーヌ(オテル・デュー)という、貧しい人々を救うために15世紀に建てられた施療院があります。 一方で、白ワインは果実や白い花、またハチミツやアーモンドのような香りが特徴です。

10
ボーヌの特徴 ボーヌの畑はモンターニュドボーヌを背にして南北に延び、斜面は東から南島向きという絶好の地勢にあります。

幸福のワインとレシピ ワイン物語 オスピス・ド・ボーヌその2

ド ボーヌ オスピス

オスピス・ド・ボーヌは、ほぼ80年代のヴィンテージを通じて素晴らしい出来栄えで、83年には腐敗果の味がでない様に100%除梗した。 (昨年の例:追加精算額は約3,372円+合計額の消費税、お支払い合計税込額 12,388円) オークションの様子 ボーヌのアルベール・ビショー社の地下のカーブ 購入は1本、3本、6本の倍数、ラベルへの名入れ可 同じ銘柄を3本(または6本)購入の場合は専用の 木箱でお届けします。 2022年にワインが輸入されましたら輸入経費等と別途追加精算いただきます。

4
現在では、その当時の薬品や医療器具を展示した医学博物館になり、一般公開されており、またワインオークションの会場としてよく知られています。

オスピスドボーヌ ボーヌ 1級 Beaune 1er Cru 2020 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ド ボーヌ オスピス

そしてこの競売価格はその年のブルゴーニュの価格の基準となるとされ、ワイン業界にとっても注目のイベントなのです。 買い手側、ことにワインに関心の高い層のワインファンが一軒一軒のドメーヌをわたり歩いても、すべてのワインが買えるとは限りません。

寄進者からオスピス・ド・ボーヌ(Hospices de Beaune)に贈られた畑のブドウが、様々なドメーヌの手によってワインに造られ、その新酒がこの日にオークションに掛けられる。 は、1443年にブルゴーニュ公国の財務長官であったニコラロランが、妻のギゴーヌドサランからの懇請をうけて設立した慈善寺院のことです。

【楽天市場】フランス > ブルゴーニュ(本拠地別) > コート・ド・ボーヌ > ボーヌ(Beaune) > オスピス・ド・ボーヌ:ウメムラ Wine Cellar

ド ボーヌ オスピス

ただし、ここは人気のためかすぐに一杯になってしまうため、出来るだけ早めに予約されることをおすすめします。 チーズであればエポワスやマンステルなどのウォッシュチーズタイプを合わせると良いでしょう。

3
栄光の3日間、オスピス・ド・ボーヌの競売会とは? フランスはブルゴーニュ地方の中心であるボーヌ市。 1977年のマジ・シヤンベルタンと1991年のクロ・ド・ラ・ロツシェである。

オスピス・ド・ボーヌ

ド ボーヌ オスピス

しかし1977年以来ワインの品質に確たる根拠をもって文句を付ける人はほとんどいない。

いつもは世界中のワイン関係者で高揚した雰囲気がそこかしこにあふれているのですが、1995年はいつもの盛り上がりに欠けていたのです。 その歴史は古く19世紀から続く伝統行事で、毎年11月の第3土曜日から3日間開催されます。

オスピス・ド・ボーヌ 商品一覧

ド ボーヌ オスピス

ワクワクとスリルを楽しむ場面には良さそうですが(笑)。

しかし、治療費も払うことができないために病院を訪れることができず、ボーヌの街で行き倒れていく人の数は一向に減ることはありませんでした。 場所は、1859年に始まった時は「オスピス・ド・ボーヌ(慈善施療病院)」の中庭だったが、現在はオスピスの前の公会堂で行われる。