インター ステラー ティモシー シャ ラメ。 ティモシー・シャラメ&ゼンデイヤら映画界のニュースターはZ世代 唯一無二の魅力を放つ俳優たち

ティモシー・シャラメをもっと知るための15の事柄 (1/2)

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

影響 [ ] 監督のクリストファー・ノーランは『インターステラー』が影響を受けた、SF映画の「鍵となる試金石」として『』(1927年)、『』(1968年)、『』(1982年)を挙げ 、特に『2001年宇宙の旅』については「制作中、『2001年』は終始、意識していた。 ティモシーはクリストファー・ノーランと並び立つ現代 SF 映画作家となったドゥニ・ヴィルヌーヴの最新作『DUNE』の主演も務めており、そちらもめちゃくちゃ楽しみですね。 彼は「ワームホールを正確に描いた映画は今までなかった。

3
2014年5月27日閲覧。

インターステラー

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

北アメリカ [ ] 『インターステラー』は ()と同時期である11月4日の午後8時よりアメリカ合衆国とカナダで限定公開された。

15
初主演作にしてその恵まれた容姿と繊細で確かな演技力によって、多くのクリエイターの心を掴んだティモシー・シャラメ。

超注目の美形アクター ティモシー・シャラメに迫る!トリビアとインタビューをお届け

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

その後パラマウントは2014年10月22日に ()で映画製作者や俳優向けの上映会を開いた。 深遠な科学的テーマと宇宙の美しい描写が出色で、SFなどのジャンル映画を対象とした サターン賞でも最優秀SF映画賞など最多受賞に輝き、世界的に高い評価を得た作品です。

2014年10月1日閲覧。

ティモシー・シャラメがイケメンすぎる!彼女、出演作や身長も紹介!レディバードでの役柄は?

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

またGoogleのプラットフォーム間で映画関連コンテンツのナビゲーションが提供され、観客からのフィードバックが集められ、モバイルアプリにリンクされた。 1996年12月12日、ニューヨークのブルックリン生まれ。 2014年11月7日閲覧。

『インターステラー』は2014年11月4日に ()のIMAXドーム・シアターで上映された後、11月5日に限定公開され、11月7日より拡大公開された。

【インターステラー】ネタバレと見どころ。宇宙はすぐそばに。

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

人間が動くところに物語が生まれます。 Waxman, Sharon 2014年10月23日. McTighe, Frank 2013年8月28日. 『ミッドサマー』後の同作の撮影は「セラピーになった」と語るなど、素の飾らないキャラも魅力。

どこか儚げで、観る者をうっとりとさせる稀有な色気を表情や仕草、そして演技から魅せることのできるZ世代の牽引者のひとり。

ティモシー・シャラメ、『君の名前で僕を呼んで』主演の22歳俳優に注目

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

Ray Subers 2014年11月9日. 『』は「疫病によって荒廃したディストピアな未来を舞台で、絶望に屈しない強い人々による移民の物語」と報じた。 送っても送っても返事がない。 しかし私の子供の頃のファミリー映画は、エッジが利いていて、超大作でも挑戦的なものだった。

2
クーパーは窒息死寸前でアメリアとCASEに救出されるが、キャンプで作業をしていたロミリーはマン博士が仕掛けた爆弾の犠牲になってしまう。 北アメリカ以外では11月5日にベルギー、フランス、スイスで公開が始まり、さらに11月7日にイギリスを含む多くの国々で封切られた。

ティモシー・シャラメ&ゼンデイヤら映画界のニュースターはZ世代 唯一無二の魅力を放つ俳優たち

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

またもノーランの自宅に招かれ、『インターステラー』の脚本を読んだ。 Anita Busch 2014年11月7日. 2014年11月8日閲覧。 2014年11月7日閲覧。

8
『インターステラー』はフィルム上映を止めてデジタルのみにするというパラマウント映画の目標の例外であった。 の4劇場で順番にウォークスルーが開催された。

ティモシー・シャラメの伝説はまだ“序章”、圧倒的な輝きを放つ“奇跡”の存在

ステラー ティモシー シャ ラメ インター

ドゥニ・ヴィルヌーヴ&レベッカ・ファーガソン&ジェイソン・モモア&ゼンデイヤ さらに、『グランド・ブダペスト・ホテル』('14)のウェス・アンダーソン監督の新作『The French Dispatch』(原題)。 2014年の映画『』にダニー・ヴァンス役で出演を果たし、同年にSF映画『』で の若い頃を演じる。 2014年10月1日閲覧。

15
名匠や気鋭監督が名指しするルーカス・ヘッジズ 2020年劇場公開作品が限られた中で、ジョナ・ヒル監督『mid90s ミッドナインティーズ』(2018)、トレイ・エドワード・シュルツ監督『WAVES/ウェイブス』(2019)、アルマ・ハレル監督の『ハニーボーイ』(2019)と3本の出演作が相次いで公開されたルーカス・ヘッジズ。