フランク シナトラ マイ ウェイ。 フランク・シナトラのアルバム『マイ・ウェイ』、50周年記念エディションが発売

フランク・シナトラ

マイ フランク ウェイ シナトラ

なおケネディは、シナトラから紹介されたジュディス・キャンベルと不倫関係を持っただけでなく、その死の直前まで不倫関係にあったのをケネディに紹介したのもシナトラであった。 再度の全盛期 [ ] 大統領からを受けるシナトラ(1985年) は映画への出演こそ減ったものの、アルバムのリリースや、引き続きニューヨークやラスベガスをはじめとする全米各地でのショーや、日本や、やなど諸外国でのコンサート活動を精力的に行った。

略歴 [ ]• 1974• 「ヒズ・ウェイ」キティ・ケリー著、柴田京子訳 文藝春秋 P. 詳細はでご確認ください。

My Way 歌詞「Frank Sinatra」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

マイ フランク ウェイ シナトラ

しかし、音楽的にリーダーのトミー・ドーシーによる滑らかなトロンボーン・プレイを研究し、自らの歌い回しに取り込み、また、世界で最初にマイクロフォンをマイクスタンドから取り外して歌うなど、マイクロフォンの特性を熟知し、自らの楽器とした巧みかつエレガントな歌唱テクニックは、既にこの頃から発揮されていた。

のHot 100チャートおよび全英シングルチャートで1位を記録した。

フランク・シナトラ『マイ・ウェイ [50周年記念エディション]』のアルバムページ|2001595777|レコチョク

マイ フランク ウェイ シナトラ

のHot 100チャートおよび全英シングルチャートで1位を記録した。

当初はフランク・シナトラのバージョンが使用される予定だったが、シナトラに断られたためヴィシャスのバージョンが代わりに使われた。

フランク・シナトラのアルバム『マイ・ウェイ』、50周年記念エディションが発売

マイ フランク ウェイ シナトラ

() 1989• 1944• , interviewed on Fresh Air, WHYY, 10 August 2005• 御多分に洩れず「マイ・ウェイ」=フランク・シナトラという認識だったので、この曲のオリジナルがフランスの曲だとは知らなかったし、勿論クロード・フランソワという歌手のことも全く知らなかった。 概要 [ ] シナトラは、数々のヒット曲やを世に送り出し、そのクルーナー(小さな声で歌う)・ヴォイスによる歌唱によって世界中に多くのを獲得した。 この年特別に設けられた「フランク・シナトラ賞」の授与役)• には、委員会の賭博営業許可証を取得しようとして、パーム・スプリングスのデザート病院への多額の寄付や、聖フランチェスコ医療センターのチャリティ公演、の「ナチ・ハンター」で有名なの活動のためチャリティ公演など、様々な慈善行為を行った。

10
交友関係 [ ] 上記のように歌手や俳優仲間から、マフィアまで幅広い交友関係を持っていた。

My Way : Frank Sinatra

マイ フランク ウェイ シナトラ

このエピソードは後に、イタリア系の血族を描いた映画、『』で取り上げられ、世間に知られるようになる(映画上ではさすがに実名のシナトラではなく、「ジョニー・フォンテーン」と言う芸名になっている)。

日本語詞によるカバー [ ] 音楽・音声外部リンク - 日本語の訳詞には、による訳詞(「やがて私もこの世を去るだろう〜」)、による訳詞(カバー)をはじめ、何種類かのバージョンがある。 プレイボーイ [ ] 前記のモンローや、、、など多くのと浮名を流したほか、同じく女優のエヴァ・ガードナーやミア・ファローなどと計4回結婚するなど、生涯を通じてプレイボーイとして名を馳せた。

フランク・シナトラ『マイ・ウェイ [50周年記念エディション]』のアルバムページ|2001595777|レコチョク

マイ フランク ウェイ シナトラ

:ラジオ番組のレギュラーをきっかけにソロ・デビュー。 :引退を発表。

4月28日と5月12日にTBSにて『フランク・シナトラ・ショー 〜赤坂・ミカド〜』としてTBSで放映• また、ジョンの大統領当選に多大な貢献をしたはずのシナトラは、1963年11月にジョンが暗殺された際には「大きなショックを受けた」(娘のナンシー談)が、いずれにしてもロバートが仕切った葬儀には呼ばれなかった。 :に生まれる。