北条 貞時。 なぜ北条氏は将軍にならなかったのか

北条貞時

貞時 北条

7年(1284年)、10歳で小侍所別当• 宗方が貞時の意向を忖度しすぎたとも言われていますが、実際は貞時の謀略ではないでしょうか? 政治経験が豊かな時村の存在は得宗貞時にとって脅威に映ったのかもしれません。 宿老13人の合議制が発足し北条時政が名を連ねる• しかし、時宗が没するとこの均衡関係が崩れます。 この結果、北条一族のほとんどが討死または自害し、において北条氏は滅亡する。

1311年(応長元年)10月26日、北条貞時はその一生を終えました。 は 幸寿丸。

北条時宗の家族について。兄の北条時輔とは?妻や子供はどんな人?

貞時 北条

『』5年()6月6日条によれば、田方郡内には南条・北条・上条・中条と呼ばれる地域が並んでいたという。 貞時の政治の根幹は御家人制の維持で,そのもっとも代表的な政策が永仁5年の徳政令であった。

13
得宗一門と外様の数。 『北条時政と北条政子 「鎌倉」の時代を担った父と娘』〈日本史リブレット〉、2009年。

北条貞時とは (ホウジョウサダトキとは) [単語記事]

貞時 北条

1304年(嘉元二年)には引付頭人を辞して、得宗家執事(内管領)・侍所所司となり、幕府の実権を握りました。

6
また、北条一門の諸国職の独占も進む。 これでは北条氏が将軍になれない。

北条貞時

貞時 北条

(為時の長男。

頼綱は貞時を擁して御家人保護を全面に出す事で権力基盤としていたが、内管領とは得宗家の家政機関の首長として強大な権力を持つ一方で幕府の主要構成員である評定衆・引付衆ではない御内人であり、将軍家に仕える御家人と北条家に仕える内管領ではそもそも身分差が大きく幕政を主導する事自体に無理があった。

なぜ北条氏は将軍にならなかったのか

貞時 北条

政子はなぜ源氏政権から北条政権を目指したのかは自分自身の権力保持のためで、北条宗家のためではありません。 同時代(の上の立場)の者で「貞」の字を用いる人物はおらず、研究では祖先とされるに肖ったものとする見解が示されている。 そして1301年(正安三年)、60歳にしてついに連署となったのです。

これ以降、 政所別当と侍所別当を 兼務 する者が執権となり、この職は北条得宗家が世襲するようになります。 執権退任と嘉元の乱 [ ] 3年()、鎌倉にが飛来(現在のにあたる)、これを擾乱の凶兆と憂慮した貞時は出家し、執権職を従兄弟の北条師時に譲ったが、出家後も幕府内に隠然と政治力を保った。

北条貞時とは (ホウジョウサダトキとは) [単語記事]

貞時 北条

西の御侍」の記述から、元服が行われた場所が二棟御所の西侍 であり 、「越州刻限を申さる。 これは、細川が著書で、父の時宗の代に、得宗家による政治支配体制を確立させるにあたりその正統性を主張するために、祖にあたるをになぞらえる伝説が生まれて流布していたこと や、時宗とは不可分の関係にあった(貞時の乳母の夫にあたる)が自らの家格を向上させるため、次男・(助宗とも書く)の名字(名前の1字)をに求めた可能性があること を述べており、こうした考え方が可能ならば、同様に時宗が自分の嫡男の名字を平貞盛に求めたと考えることができるのではないかという理由によるものである。

7
この横井氏の子孫は(現・)主となり、はを務めた。